2014/09/17北原宏太郎 生紙に描く作品展

北原宏太郎 生紙に描く作品展
使い手との直接交流を目的とした新工房が完成して十年になりました。

この十年を振り返った時、四半世紀に及び、当工房の生紙と格闘して下さった北原宏太郎氏は、小生にとって生紙を通した敵であり、また同志でもあります。

出会ったばかりの先生は、自分の個性(想い)に生紙を従わせようとする。

一方、生紙がなりたがっている作品を主張する小生との戦いでもあった。それから二十年を経て、誰よりも生紙の特性を追及されて絵の具を重ね、破けるほどに擦り付けたかと思えば、まるで生紙に色を植え付けていくような

すると紙面の地色が浮かび上がってくる。

先生は、行き詰ると、そのままにして何年もかけて作品に命を宿らせるのだ。

ぜひ皆様方にもご覧いただければありがたい限りでございます。

 

小林康生

 

 

2014.8.1(金)~9.30(火) am9:00~pm5:00

高志の生紙工房2階 ギャラリー ※休館日 8.13(水)~17(日)日曜休館

TEL 0257-31-9130

〒945-1513 新潟県柏崎市高柳町門出2862

< 前の記事 記事一覧 次の記事 >